飲食業界での活用例

 

飲食業界のアルバイト教育で、このようなお悩みはありませんか?

スタッフに紙のマニュアルを読むように渡しても習熟を把握できない。(店長)

業務が忙しいのでアルバイト教育に時間がとれない。現場の運用負荷が高い。(店長)

業務理解が不十分なまま放置され、モチベーションを落としてしまった。(アルバイト)

新人の教育方法に関する教育を受けていない。我流・経験論でなんとなく教えることになった。(先輩アルバイト)

教育は店長任せのため、習熟度にバラツキが出てしまう。足並みを揃えた教育が難しい。(本部社員)

マニュアルを改訂しても現場まで届いているか分からない。情報共有を即時に行いたい。(本部社員)

飲食業のアルバイト教育の重要性

飲食業で定着率をアップさせて売り上げ拡大を目指すには、アルバイト教育が重要です。

接客業、中でも飲食業はサービスの質の向上が売り上げに直結すると考えられています。業務習熟度の高いスタッフの育成にはスタッフの定着率アップが必要です。現状では、多様な業務を短期間に習得させなければならないにもかかわらず、現場が多忙なため教育が行き届かないまま現場に配属されたアルバイトが意欲を失って短期間で辞めていくケースが後を絶ちません。短期間で頻繁にスタッフが入れ替わるようでは質の高いサービスの提供は望めません。さらに、新人が入るたびに0から教育するコストが発生してしまいます。ですから、飲食業で定着率をアップさせて売り上げ拡大を目指すには、アルバイト教育に労力をかけるべきなのです。

 

eラーニングによる教育効果

マイクラスLMSは、アルバイト教育の問題点を解決するeラーニングサービスです。

アルバイト教育が重要である一方で、あまり教育に時間とコストをかけられないという事情も見過ごせません。業務知識は多岐にわたりますし、接客・配膳・調理・清掃など実際にOJTでないと身につかないと考えられている業務もあります。そこで現在、飲食業界でアルバイト教育の問題点を解決するために、eラーニングを導入する企業が増えてきました。先行してeラーニングを導入した企業の導入効果が徐々に表れてきたためです。映像教材を配布するだけの従来型eラーニングに対して、スマホ・タブレット等のマルチデバイスでの学習に対応し、受講者の学習進捗を分析・管理し、適切なフォローアップを行うというLMS(Learning Management System)の考え方も定着してきた背景もあります。今回、ご紹介するマイクラスLMSは、教育のコストは抑えつつスタッフの学習効果を高めアルバイト教育の問題点を解決するeラーニングサービスです。

マイクラスLMSで問題点がどのように解決されるか

業務理解が不十分なまま放置される

繰り返し学習とメッセージ機能で業務習熟度をアップ

教材を小分けにすることで短い時間で繰り返し学習ができ、

記憶定着を促進します。スタッフが少しでも疑問に思った箇所は、

メッセージ機能を使ってその場で問い合わせて確認できます。

スタッフの習熟を把握できない

詳細なレポート出力と個別フォローアップで進捗を把握

詳細な個人別レポートで進捗や正答率を管理します。正答率を

分析して新しいコンテンツの作成に生かすことができます。

成績が思わしくない受講者には、直接フォローアップをする機能を備えています。

教育にバラツキが出る

共通のコンテンツで「指導ムラ」をなくす

共通のコンテンツを活用することで、教える人や時期によって

指導のムラが出るのを防ぎます。

指導側の効率も上がるため、アルバイト全体の習熟度が上がり、

コスト削減につながります。

アルバイト教育に時間がとれない

マルチデバイス対応と動画コンテンツの活用

スマホ・タブレット等のマルチデバイス対応で、

自宅・移動時間・始業前・休憩時間など、場所や時間の制約なく学習が可能です。

動画をコンテンツに埋め込んだ教材を簡単に作成することができ、

実践的な業務知識を予習させて、OJTの時間を大幅に短縮できます。

我流・経験論でなんとなく教える

グループ作成と個別最適化したコンテンツ配信

業務や勤続期間に応じてグループを作成することができます。

キッチンとホールで配信するマニュアルを別にする、

新人研修用のコンテンツを先輩アルバイトのグループにだけ配信するなど、

個別最適化したコンテンツの配信が可能です。

情報共有を即時に行いたい

コンテンツの作成・改訂・配信を簡単操作で実現

PDFファイルやパワーポイントを取り込んで即時に

コンテンツ作成と配信が可能です。受講者にコンテンツ配信を

アラート通知する機能や、配信期限を設定する機能を備えているので、

配信したまま気づかれないといったことも防げます。

マイクラスLMSを取り入れた飲食チェーン店アルバイトの1日

(9:00-17:00勤務のアルバイトの例)

マイクラスLMSを取り入れた飲食チェーン店アルバイトの1日の例を紹介します。
 

8:50

始業前ミーティングで、本部から配信されたコンテンツを確認
食中毒・ノロウイルスに関するマニュアルが本部から新しく配信されている。5分程度の動画を視聴し付属のクイズに回答する。
 

12:30

休憩時間中に、翌月から切り替わる新メニューを動画で確認
飲食チェーンでは、季節毎にメニューが切り替わり、都度覚える必要がある。用意されたマニュアル動画を視聴する。
朝のマニュアルに関する疑問点をコンテンツ内から本部に質問する。
 

17:30

帰宅途中の電車内で、新メニューマニュアルのクイズに回答
昼に視聴したマニュアル付属のクイズに回答する。昼にした質問について、本部から回答が帰ってきたので確認する。
 

21:30

自宅で、新人指導用のマニュアルを確認
先輩アルバイトには、新人指導用のマニュアルが配信されている。指導項目を確認する。
 
 
  • 本部は配信コンテンツの学習状況一括で管理でき、現場の店長は教育にかかる負荷を削減できる。
  • 1コンテンツは短時間で学習が完了するため、アルバイトは時間場所の制約がなく学習できる。
  • 配信されたコンテンツ内でクイズに回答し記憶への定着を高められる。
  • 共通のコンテンツで学習をするので、アルバイト毎の理解のバラツキがなくなり、高い教育水準が保持できる。

eラーニング導入から、効果的な教材作成のアドバイス、運用までサポートさせていただきます。ご相談ください。