70/20/10の法則

70/20/10の法則とは、米国ロミンガー社が提唱した人材育成に関するモデルです。学習の70%が実務における経験、20%が上司や先輩社員によるフィードバックやアドバイス、10%が研修や教育によるものという比率を表しています。
これまでの人材育成は10の研修を中心に設計されていました。研修受講直後は有用と感じたけれど、獲得した知識や情報を会社で活用できなかった場合、その研修が本当の意味で有用だったことにはならないのです。研修は、従来の単発的なイベントから70と20の実践的な学びを含んだ長期的・継続的なプロセスへと、その役割を捉え直す必要がありそうです。人材育成の担当者は研修から実務経験まで学びの枠を広くしたラーニングデザインが求められています。